<   2009年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

A Bus Journey to BOSTON partⅡ

We'll pick up where we left off.
前回の続きから始めます。

12.25.2008

f0156106_263684.jpg

Boston Commonを背にDowntownをNorth End方面へゆっくり歩く。
f0156106_292943.jpg
f0156106_2113356.jpg
f0156106_2142923.jpg

KING's Chapelからアメリカで最初に出来た公立学校跡地を通り過ぎて、School st.からWashington St.を左に曲がる。コーナーにあったStarbucks Coffeeですら、Closeだった。
f0156106_2185247.jpg

それにしても、何処のお店もCloseで、観光客ですらほとんどいない。町はもぬけの殻。HOMELESSですら少ない。それはそれで、殺伐としたNew Yorkを抜け出して、静かで閑静なBostonの町並みで顔も綻んだりで。
↑が、旧州議会堂。1713年に建てられたボストン最古の建造物。ここの二階で独立宣言が読み上げられたのが1776年。
下の円い石畳がボストン虐殺地跡。1770年、ここでイギリス政府が課した印紙税に抵抗する市民にむけイギリス兵士が発砲。5人が犠牲になった「ボストン虐殺事件」が勃発した。そして、1775年、アメリカ独立戦争に突入していったのでR。
f0156106_2342433.jpg

Faneuil Hall
ここの2階で、イギリスからの独立を主張し議論を重ねた。アメリカ精神の原点「自由と独立」発祥の地。

f0156106_361141.jpg

f0156106_381698.jpg

楽しみにしていたQuincy Market。年中無休と聞いていたが、完全にCloseしていて、ココまで来るとGhost Townのようだ。
f0156106_3132032.jpg
f0156106_315740.jpg
f0156106_3163959.jpg

Columbus Park,North End

f0156106_3185444.jpg
f0156106_3201257.jpg
f0156106_3211089.jpg

North Endでくらむちゃうだ~を腹ペコで探すも、ほとんどクリスマスでCLOSE。やっているのはイタリア料理のお店か、CAFEくらいなものだった。親切な人たちにいろいろお店を尋ねては周って探してみたけど、来る日を完全に間違えた。アメリカ人じゃない方々が多かったエリアだったけど、凄く親切で「一軒いってみるといい。」と言われたお店に向かってみる。
f0156106_3262286.jpg

f0156106_3271571.jpg
f0156106_328862.jpg

期待していた「Oyster house」、残念ながらCLOSEで。

こうなったら、やはり年中無休、世界最強生息率を誇る彼らの許に行くしかなかろう。

to be continued......

Todayz Muziq when I was writing this report>
George Benson/The Gentle Rain
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-05-25 03:01 | 微妙な歩き方

A Bus Journey to BOSTON

12.25.2008

去年の話なんだけど、ジリジリ最近の話に追いついてきている気はしているので懲りずに書くよ。
個人的な日記なので、その辺は何でもありだと思うし、記憶のかわりに書いておこう。
それを見て、誰かが活用してくれたら、これまたうれし、っつーことで。
f0156106_21463625.jpg

ChinaTown,Manhattan Bridgeの袂(たもと)からFUNG WAH BUSに乗って紐約(NEW YORK)⇔波士頓(BOSTON)まで所要時間約4時間、往復料金$30-、クリスマスにボストンでくらむちゃうだーを喰らう、一日TOURでごわす。
f0156106_2223142.jpg

早朝7時、始発に飛び乗ったのでBUSの中は半分くらいの乗車率。足を延ばして寝ることも可能だった。トイレ休憩を挟んだり、コーラのサービスがあったり。多分、みんなが思っているほど酷いBUSではない。が、英語はあまり使えないと思っていたほうがいい。
f0156106_2274430.jpg

同じような外の景色に飽きてきて、ウトウトして・・・・・・。
f0156106_2236648.jpg

気が付くとChinatown近くのBus Terminalに下ろされ、特に何の説明もないまま、BUSは行ってしまった。少ない情報を頼りに街を探索してみることに。そして地下鉄に乗ってDOWNTOWNへ。
f0156106_22391479.jpg
f0156106_22442586.jpg

f0156106_2242789.jpg

Tと呼ばれるSUBWAYの印象が非常にいいのはNEWYORKから来ているからか。
Cleanで分かりやすく、路線の色分けがPOPでいい。それにしても人がいない。クリスマスだからにしても人がほとんど見当たらない。
South Station→Park St.
f0156106_22561545.jpg
f0156106_230147.jpg

SUBWAYから表に出ると広がる公園がBoston Common。まだ、雪が多く残っている頃だったが幸いこの日は快晴だった。Park Street Churchや公園の噴水、町並みが「拝啓、父上。僕は今、マサチューセッツ州ボストンにいます。」と言いたくなるような、穏やかな気持ちにさせる。相変わらず分かりづらい比喩にしばしお付き合い願いたい。教会の時計の針は11時を過ぎたところ。
f0156106_2353578.jpg
f0156106_2363683.jpg
f0156106_2382892.jpg

この辺りは、独立戦争に深く関わる場所が多く、説明したいのだが、社会2の成績を誇った俺がするまでもないような気がするので、気になる方はむしろ行っちゃってYO!?

Todayz Muziq>Barroom Heroes/Dropkick Murphys
BostonといったらIrish PunXの雄、Dropkickでしょ。


to be continued....
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-05-24 23:33 | 微妙な歩き方

I bought it at last but...

5/16/2009
@5Ave,South Central Park,Manhattan,NY
f0156106_8485984.jpg

土曜日の夜にAPPLE STOREに行った。
ようやく、LAP TOPを買うことにした。WINDOWS卒業です。大げさか。
f0156106_915422.jpg

下見済みだったので、即購入に踏み切れた。
しかし、キーボードをJP版で購入しようとしたら、在庫なしということだったので、仕方なく店員の勧めでインターネット上での購入にトライすることに。
せっかくだったので、店内で店員のヘルプとともに進めていく。
f0156106_983531.jpg

やさしい手ほどきでスムーズに購入完了。5分程度だった。遅くても一週間で自宅に届くという。
が、何だか手ぶらで帰るのは寂しい気がする。
意気揚々と手ぶらで店内に入って、サクッと購入して「いやあ、重たいなあ。」なんていいながらSUBWAYに乗り込んで行く様を妄想しながら来たというのに。意味もなく、表で売っていたICE CREAMを購入。$3と、若干ボッタくられた感もあったが、心の隙間が埋まった気がした、のは一瞬だけ。
f0156106_9152830.jpg

さらに心の隙間を埋めようと、観光客しか使うことのない、エレベータに乗ってジタバタしても、自宅に届くには今しばらく辛抱・・・。

そして、毎日MAILをCHECKしている。
すると、ようやく動きがあった。
「現在、上海を飛び立った。」
は?上海?どういうことだね?MADE IN CHINAか。それにしても、中国から来るのね。

それで、
「今、AKあるよ。」
AK?AKってアラスカ?

それで、
「JFKに着いたアルヨ」
着いた。それで、いつうちに来るのよ?

そんでもって
「QUEENS、NYに着いたアルヨ」
うわあ、近い近い。もうその辺ジャン。はやく持ってきてくれよ。

それから・・・音沙汰なし・・・。
本当にアメリカに入ってからが遅いんだよね。
上海からJFKまでは早かったのに。
メリケンは本当に・・・・・チッ。

ああ、きっとその辺でぶらぶらしてる巨漢の黒人運転手のFEDEXなんだろうな。メキシカンフードか、なんか食いながらぶらぶらしてんだぜ、きっと。はやく持ってきてくれよ。

Todayz Muziq>DJ KEN/LIVE@HI JAZZ
いやなことを忘れようと、大音量でJAZZをかけて、近所の苦情も、仕事も忘れて、学校もサボって、窓を開けてMAnhattanを眺めながら、今年初めてのICE COFFEEを入れてみる。ぶっ濃く入れてみる。
mmm~nnn、そーいうことだろ?!  と、なんとなく自分で何かに納得してうなずいてみたりして。
それを愛猫が首をかしげながらみてたりして。
曲調がSAMBA的要素アリで、なんだか最近こういうのがお好きになってきましたね。
LATIN、SAMBA、BRAZILIAN,要素アリのJAZZ、にBEATを添えてみたいな。
朝は、STEVIE WONDER
昼はRADIO
夕方はHIP-HOPで
夜はLATIN
おれは何を求めているんだろうか。
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-05-21 09:47 | LIFE

What happend to VIRGIN MEGASTORE in NYC 変わりゆく音楽とその形

数年前から頭の隅にあった疑問に問いかけてみよう。
いい機会かもしれない。

思えば、小学生の時、TVから流れる南野洋子や中山美穂(忍もね)、光GENJIをカセットデッキで録音するたびに、「しーっ!録音するから!」と、家族を静まりかえらせてはRECしていた。一時停止ボタンに指を置き、構え、司会者の言葉に耳を傾け、集中しそして、解説終了時点に合わせてドンッ!とREC。今思えば非常に難しい行為である。
そしてすこし成長して、駅前にあったレコードレンタル屋さんで、男闘呼組のTIMEZONEのドーナツ版を借りて、父さんの自慢のオーオをこっそりいじくっては、怒られて、それでも針の落す瞬間の感動に夢中で・・・。
レコ屋の店長が「男闘呼組好きならこれも聞いてみな。」って、無料で貸してくれたのがLOUDNESSだった。衝撃的だった。僕にとって、初めて本物の音楽に触れた瞬間だったのかもしれない。

その直後、CDデッキ発売。
おばあちゃんのおうちを掃除して買ってもらった最初のCDラジカセが、今なお脳裏から離れることはない。重低音が売りだったaiwaのCDダブルカセットラジオオーディオプレイヤー。
街にはたくさんのCD屋さん、CDレンタル屋さんが増えていき、僕は中学生になった。
近所のおにいちゃんにいっぱい聞かせてもらったアメリカのハードロックやイギリスのロック、パンク、オルタナティブ、グランジ。
METALLICA,MAGADETH,PANTERA,MOTLEY CRUE,GUNS N' ROSES,AEROSMITH,SKID ROW,MR.BIG,EXTREME,POISON,WARRENT,TNT,WHITE SNAKE,WHITE LION,LA.GUNS,SLAYER,ああ、きりがない。全部カセットテープにダビングしては保管していた。
カセットにはペンで自分でTITLEや曲名を記入して、雑誌「BURN!!!」のCD紹介コーナーを切り取り、
一緒に同封してはニタニタしながら、聞いていた。

GUITARを弾き始めた頃、周りは「JUN SKY WALKERS」「BOOWY」「COMPLEX」「ユニコーン」で盛り上がっていた。僕は中2の頃、好きな女の子に「これ聞いてみて。ぶっ飛ぶから。」って、JIMI HENDLIXのLIVEのCDを貸したら、「気持ち悪い」とすぐに返されたのを覚えている。
この頃は、乾いたスポンジのごとく、いろんな音楽を吸収していった。音楽の理論やバックグラウンド、そんなもの、どうでもよかった。かっこいい音をどんどん聞いて、真似して、大音量で聞いた。仕舞いには自転車のカゴにスピーカーを搭載して初期型カセットWALKMANで流した。
神奈川テレビ42CHでミュートマという音楽番組もよく見ていた。COBRA、BLUE HEARTS,LAUGHIN NOSE,NEWROTeKA,そこからSEX PISTOLS,THE CLASH,RAMONES,HANOI ROCKS,NEW YORK DOLLS,BLACK FLAG,GENERATION X、それとRED HOT CHILIPEPPERS。   
BANDなんかもやっていて、OZZY OSBOURNE、MR.BIG,EXTREME,いろいろやったけど、中学最後は結局、RAMONESとNIRVANAで締めくくった。

CDラジカセが音跳びし始めた頃、高校生になり、CD WALKMANの音跳びにイライラしながらもそーっと運びながら聞いていた。
香水をつけて、ギバちゃんヘアーで、あちこちにピアスをつけて、そして腰履きして引きずった制服。
クラスにいたボンボンに、今まで買い集めたHARDROCKのCDを売りつけて、女の子にもてる為に覚えたMR.CHILDREN。
CLUBに通うようになり、チーマーなんて呼ばれてみたりして、HIP-HOPに出会う。ターンテーブルの存在に気が付いた頃だ。HOUSE OF PAINやJAZZY JEFF,BEASTIE BOYS,とにかくPARTY TUNEばかり聞いて、粋がって、ナンパして、爆音なら何でもよかったあの頃。その頃のPARTYと呼ばれたCLUBは、PUNK TIMEがあった。突然、DANCEものから切り替わり、HARDCOREやPUNKがかかり、男達がMOSH PITに入り暴れる。横浜では、COKEHEAD HIPSTERS、NOFX,BAD RELIGIONのほかになぜかチェッカーズが流れてTWISTして終わるという、一連の流れがあった。バイカーだとか、なんだとか・・・。

個人的にこの頃、極度に貧乏で音楽を聴く手段が小さなCD WALKMANとTAPEを聞くためのSHOCK WAVEしかなかった。18歳、HI-STANDARDやGMF,ヌンチャク、RUDE BONES,HUSKING BEE,SHERBET,BDB,DRAGONS,雷矢、SWITCH STYLE,ああ、掘った掘った。
Minor Threat,7secound,Misfits,Fugazi,Fish Bone,BadBrains,H2O,Sick of it all,Agnostic Front,Mad Ball,CIV,SOCIAL DISTOTION,GREENDAY,Gadgits....
レコードを散々掘って、新宿や下北沢、いろいろ歩いた。
ライブハウスでDJもやったりして、カセットTAPEをよく人にプレゼントしていたなあ。
PUNK BANDなんかやったりして、とにかくPUNK一本だった。

CDコンポとレコードプレーヤーを買った。
ONKYOを奮発して買ったのを覚えている。これにはMDが搭載されていた。一時期はARTISTも作品をMDで発表していた。しかし、歌詞カードが小さすぎるとか、CDと大差がない、などからかなあ、すぐに販売の形はCDで、それを消費者がMDにダビングして持ち歩く、という形が形成された。そしてMD WALKMAN。
優れものには、曲名が見えるものまであった。RADIOでは「見えるRADIO」とかいって、カーステに曲名が見えたりしてたのもこの頃じゃないかなあ。

CD WALKMANよりも各段に音跳びが減ったMD WALKMANは持ち運びに最適だった。小さくて、跳び辛い。カラフルで斬新でもあった。それでも絶対にはなくならなかった音跳び。カセットなら絶対に跳ばないが、巻き戻しや早送りと、操作に時間がかかる。CD WALKMANの音跳びぶりは世界一だったし、MD WALKMANはいろいろ録音しすぎて、どこになにが入っているか分からなくなって、それですぐに音跳びして、使えなくなったり・・・・・。
結局、カセットのSHOCK WAVEでRANCIDを聞きながら、歩いていた。

一家に一台のPC時代到来。
早い人はすでにもっていたiPOD。
まさに全ての問題をクリアした世界最強の音楽再生器。
が、APPLEユーザーだけが使う変わったものでしかなかった。
が、WINDOWSでも使用可能になった瞬間、世界中の音楽の形がCDからデータに変わったのかもしれない。MP3?なんだそれ。 しかし、POPでHIPなTV CMで一気に人気上昇。今じゃあ、電話にまでなった。

こう思い返すと、iPODやその他のMP3 PLAYER、携帯電話でも音がダウンロード可能で・・・。
ここだな。CDがなくなる原因は。
そもそもCDは消耗品だし、データなら半永久保存可能。
音跳びするCD、一切音跳びなし、iPOD。
U.S.だとCDにFBI ANTI PIRACY WARNINGなどと記されていて、時々PCにダウンロードできなかったり、再生できなかったり、ケースが割れていたり、歌詞カードに力が全く掛かっていなかったり。

冷静になると自然な時代の流れなのかもしれない。
RADIO→レコード→TV→カセット→CD→DAT→MD→MP3
嗚呼、おれの言いたい事は所詮、昭和の残物の泣き言に過ぎないのか。
俺>「Oi、VIRGIN潰れるってYO!」
Someone>「へえ、そーなんだ。しょうがないんじゃない?」
やっぱりそうだ。この経済下落とともにCD時代に幕を閉じようとしているんだ。
嗚呼、俺はこのまま指をくわえて黙ってみていることしか出来ないのか。





おんがく[音楽]:

音による芸術。拍子、節、音色、和声、などに基づき種々の形式に組み立てられた曲を奏するもの。
器楽と声楽とがある。
楽。
ミュージック。
日本往生極楽記「-空に遍く、香気室に満てり」

広辞苑より



Todayz Musiq>GANG STARR/Moment of Truth
このCDを友人からGIFTされて、やはりDATAよりCDのほうがいい事もあると再確認。
僕らアナログ世代。PEACE!
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-05-17 01:36 | Music

What happened to Virgin Megastore in NYC?

f0156106_1238445.jpg

Virgin Megastoreは、とにかく待ち合わせには最高だ。それにNYCでCDを買うといったらココでしょう。
だが、Times SquareにあるVirginはすでに閉鎖。続いて、Union Squareの方も今月末で閉鎖される予定。これからはどこでCDを買えばいいのか。
携帯電話やiPODの急速な普及により、音楽もインターネット上で購入する時代。CDなど消耗品。昭和の産物とまで言う人がいる。音楽バカDJですら、LAP TOP使用。こうなれば、いよいよVinylやCDをほしがる人は少ない。さらにもっとも大きな問題は、違法ダウンロードやYoutube、音の共有などにより、さらにCDの売り上げがさがっている。そう考えるとVirginの閉鎖も無理がない。
「えええ??閉鎖??マジで???」なんて言っているヤツが、しっかりLimewireかなんかで音拾って、「おれ、音楽詳しいよ。No MUSIC NO LIFEでしょ?」とか、言ってるからね。本当に音楽が好きならミュージシャンにまた頑張ってもらう為にCDを購入すべきだと思う。iTUNESからでも結構。とにかく買ってほしい。だからLIVE代が異様に高かったりするんじゃねーかな。
某有名DJは、違法でやられるくらいなら初めからタダで出しますよ的ノリで、毎月落せるようにしている。
ま、UNIONのVIRGINはCLOSING SALEで25%OFFなんでCHECK IT してみては?

今宵の♪>NY WEATHER REPORT/TALIB KWELI
最近のNY WEATHERはというと、すこし肌寒い感じだが、過しやすいいい季節。今月25日Memorial Dayを境にグッと暑くなってSUMMERがやってくること、間違いなし。FREE CONCERT下調べ済み。
Im READY to Enjoy SUMMER!!!!
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-05-14 12:43 | Music

Grand Central Station~免許取得への道in NYC~

12.27.2008
@Grand Centaral Terminal
毎年だと思うんだけど、12月クリスマスシーズンになると、駅構内が彩られる。
f0156106_1210981.jpg

f0156106_12115374.jpg

f0156106_12131988.jpg

アクオスによるクリスマスツリー。
f0156106_12143927.jpg
f0156106_1216394.jpg

広い駅構内。広がる天井に映し出されたクリスマスの模様。幻想的で皆、見上げてみる。

僕は車の免許を取るためにこの駅に来た。
日本人向けの自動車学校がこの近くにはある。

思えばここまでくるのに半年かかったかもしれない。
「米国での免許取得は簡単だ」なんて聞いたことがあったが、手間取った。
NYCでは、移民が免許を取るには6POINTS集めなければならない。
パスポート、VISAが3点。
銀行口座、ATMカード、等、銀行絡みで1点。
ガス、電気、携帯等の請求書、1点。
ここまでは誰でもいける。
その次のもう1点が難しい。
米国発行のクレジットカード。日本発行は無効。
要するに学生には取り辛いわけだ。
SS NUMBERやGREEN CARDがあれば、何ら問題ない。
駐在者なら簡単だろう。
そこでいろいろ探した結果、ANA発行のUSAクレジットカードが取れるということに。
それを一ヶ月くらいで書類を揃えて、なんとか発行出来て、さらにJAMAICA CENTERのSS CENTERで「わたしはSS NUMBERが取得できません」というLETTERをGETしなければならない。
しかも発行して一ヶ月以内が有効期限。
この条件をクリアしたら、Motor Vehicleという試験場へ。
僕の場合、Manhattan,34th StreetのDaffy's Building 7Fかなんかにあるところで筆記試験を日本語で受けた。料金は$55-だった。一応一発合格で。すごく簡単だったので。
その後、3週間くらいで家にLearner Permit(仮免許)が届いて、自動車学校へ。
4時間の授業が義務付けられているので、それを聞いて、実技テストの予約をした。この授業が$40-だったと思う。
それで、Grand Centralで疲れて、天井を眺めていたわけ。

予約から3週間で要約テストを受けることができた。
f0156106_12541442.jpg

Grand Central TerminalからHarlem Lineで北へ。
f0156106_12553828.jpg

Yonkers辺りのFleetWoodという街で実技テストとなった。
往復$14-
待ち合わせて、PICK UPしてもらい、30分程度練習して、いざテストへ。
試験自体は5分程度で終了。
試験管を横に乗せて、右に曲がったり、左に曲がったり、駐車して、Uターンして戻って、終了。
「Conglaturation Baby!」
$140-
そう言われて、自宅に免許が届くまで2週間くらいだったかな。
f0156106_1316541.jpg

とうわけで、今は仕事でブンブンManhattanを走っているわけです。なかなかたのC~やねえ。
それでもSUBWAYが便利だけどね。
CLUBやBARに行くにもIDとしてPASSPORTを持っていっていたが、いまはこれでOKなので便利。

留学生の皆様、頑張って取って見てください。
質問等、できる限りお答えしますよ。

Todayz Muziq>I dont understand it/BIG L
どうやら曲名が僕の口癖らしい。そう指摘された。
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-05-11 12:38 | EVENT

Night Clubing 2008

[SWINE FLU]>豚インフルエンザに関する心配のMessageやE-Mailをいくつかもらったので、ここでお返事代わりに触れておこう。
NYCでも、当然話題になっているのではあるが、マスクをして歩いている人を見かけることはない。連日のNEWSでも「00州では00名の感染者が見つかった」とか、「Brooklynの学校を臨時休校した」とか、いろいろな話は飛び交っている。が、しかし、地域的には特に目立った変化もなく、むしろマスクなんかしようものなら、警察に補導されること、間違いなし。
地下鉄で、マスクをしたインド系女性が乗車した際、他の乗車客が彼女を避けて、他の車両へ移ったとか。
U.Sではマスクは、「他の人に迷惑を掛けないためのもの」という認識が強いのか。
先週、Peruto Ricoに旅行に行ってきた。その際の空港の対応だが、普段どおりで、特に変わった様子もなく、ポスターなどの警告もなく、係員もマスクなどしている人はひとりもいなかった。
なので、心配御無用。U.Sはそういう国です。ゆる~い感じで。

本題に。

12.12.2008
@CLUB 2427 [H2O]
27west 24th street btwn 5Ave&6Ave

f0156106_11213676.jpg

「Ne-Yoがクラブで歌うみたいだよ。しかも予約しておくとFREEだって。行く?」
「Definitely!もちろん!」
Flatiron Building側でChelseaのClassyなClubでございeeee!
ID CHECKとDRESS CODE CHECKを受けてEntranceへ。
この日はスニーカー、T-シャツ禁止で、襟付きシャツ、革靴でないと入れないという厳しい感じで、日によっては女性はピンヒールのみとか。
それでもNe-Yo見たさにたくさんの人が来場していた。
予約確認してみると取れていないという事になって、渋々$20-取られてしまった・・・。
こういうところはしっかりCAREしなければ、NYCでは損をする。
f0156106_1133891.jpg
f0156106_1135323.jpg

それでも来た以上は楽しもうとBARへ行くと、お酒も高い。紙コップ一杯のカクテルが$14-。
Bottle of Beerが$11-。通常なら$6-といったところだろう。酷い。
f0156106_11424789.jpg

会場のど真ん中にあるTABLEを囲ったGroupは、Bottleをガンガン頼み、踊り、仕舞いには現金を撒き散らし、ここぞとばかりに粋がっていた。その横でそのお金をしっかり拾ったのは言うまでもないが、チンピラに「そのくらいにしておけ」と言われた。あ、この人たちはGANGSTERなんだと気が付いた。
f0156106_1147168.jpg

なんだか、周りがソワソワし始めた。あれ?Ne-Yoじゃね?Ne-Yoだよ、ほら、あれ。
だからネーヨじゃなくて、Ne-yoだっつーの。
f0156106_11502817.jpg

本物がすぐ側にいる。人ごみを掻き分け、手を伸ばし、背中にTOUCH!!!
「うふふ、Ne-Yoの背中、三回叩いたYo!」
そして、彼の楽曲が会場を包み、Microphoneを握って「How are you doing NYC!!!!」
ん?MICの調子がおかしいか?聞き取り辛い。んんんん???
あれ、歌わないの?レレレ?え?帰るの?え?帰るの?

f0156106_1158065.jpg

結局、歌わずに帰ってしまった。
やくざが無理に彼を呼んで、客を集め、高い値段で酒や入場料を得て、そんな無茶苦茶なEVENTだった。
が、彼に触れたのは事実。うふふ。

今宵の♪ Cielo/Cinco//Mixed by Nicolas Matar& Willie Graff
Club Cieloのコンピ。NYCに来てからすこしHOUSEも聞くようになった。こういうところから勉強です。
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-05-11 11:19 | EVENT

KING OF BLUES

そう呼ばれる男がいる。

12/5/2008 20:00

B.B.KING@B.B.KING BLUES CLUB NEW YORK

$125-


f0156106_22431661.jpg

去年の冬の真っ只中。 一昨年のKINGのLIVEを逃した僕は、絶対にここは逃せないと常々思っていた。
FREE PAPER「VILLAGE VOICE」を隈なくCHECKするのが毎週水曜日の日課になり、こうしていろいろなLIVEやEVENT事に参加できるようなった。その矢先、年末、B.B.KING@B.B.KING BLUES CLUB NYCの記事を発見して、発売日当日、直接会場へTIX購入へ。TIX NUMBERは、実に3番だった。
New Album[One kind Favor]をHeavy Rotation in my iPODとし、待つこと大よそ3ヶ月、ついにこの日に至ったわけでR。

開場6:00pm。開演8:00pmだというのに、6:00pm,会場前は長蛇の列。過去、ここで行なわれたLIVEをいくつか見てきたが、こんなにもEarly BirdsなAmericanを見たのは初めてだった。彼の偉大さが開始前から伝わってくる。
中に入ると、すでに会場の70%が埋まっている様子。今回はTableにChairが用意され、いつもとは違った雰囲気(atmosphere)。こっちまでなんだか緊張してしまう。
f0156106_23333.jpg

Opening Actの名前が全く思い出せない僕の脳みそはきっと蟹ミソ以下だろう。
力強く印象的なVOX。長いドレッドヘアー、巨漢黒人女性、それでBLUESを歌い上げる様は他に類を見ない。コーラスも後押しして、歌ものBLUESを楽しめた。
f0156106_23105841.jpg

Budweiserを飲みながら、身体を揺らして、BLUESを吸収していく。
KINGのBACK BANDが先に登場して、JazzyなBluesを奏で始める。やはりKINGのBACK BAND。ただものではない。全員上手い。そして言っていいのか、悪いのか、全員BLACKお年より。僕の知っているBLUESとはすこしTASTEが違う。どこか深い。キザな一言でも言いたくなるような気持ちにさせる。あんまり飲んだこともないのに「マスター。ブランデー貰える?」と、言ってしまうような、そんな衝動に駆られる。
大分、BLUESに酔わされて、背中で何かを語ろうとしてみた頃、いよいよお待ちかね。
「And now,ladies and gentlemen,the one of only king of blues,B~B~KINnnGGG」
f0156106_23303738.jpg

会場総立ち、皆、帽子を取り、彼の登場に拍手喝采。
まるで有名な牧師にでも会ったかのような対応。世界のギタリストランク3本の指に入った男は違う。
嗚呼、本当に来て良かった。値段が高かったけど、惜しまず買って良かった。この時点ですでに胸はいっぱいだった。嗚呼KING!嗚呼KING!お元気で何よりです!!!
f0156106_061579.jpg
f0156106_065066.jpg
f0156106_072599.jpg

何度このMemberでLIVEをしてきたのだろう。KINGの動きに合わせて全てがControlされている。息がピッタリというより、すでにすべてが完成されている。いくらKINGが勝手にソロを延ばそうが、歌を延ばそうが、BACKは決して乱れない。 See That My Grave Is Kept Clean・・・

そしてKINGは恋の話をする。 笑う。 歌う。 奏でる。
f0156106_0133759.jpg

Sweet Sixteen.......
f0156106_01429.jpg

The thrill is gone.....
意外と話す場面が多くてSHOWという感じだった。それはそれでたのしい話だったので楽しめたが、僕の英語は相変わらずPOORなわけで、分からない事も多々ある。悔C~。
それにしてもBLUES BOY KING、健在。Guitarの音が、なんだろう、渋いんだなあ・・・。泣きのフレーズがたまらない。同じguitarを持っているのになにが違うんでしょうか。それはきっと重ねてきた経験や見てきたなにかがあるから、到底追いつけないんでしょう。

生ける伝説を見た。

Todayz Muziq>B.B.KING/Why I Sing The Blues
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-05-10 09:02 | Music

Available Now!

I made a new shit its [俺ROCKS 2009 Vol.03]from NYC to Yokohama Shitty!!!!!!

f0156106_1234770.jpg
f0156106_1243697.jpg

Selected by DJ ASK Covered by 遊a.k.a. ikemeso

1)Juicy - New York New York /Notorious B.I.G. Frank Sinatra
2)05 /Slum Village
3)Youthful 2009 (Q-Tip Tribute) /J.Period f. Talib Kweli, Questlove & Randy Watson
4)Common Free Style/ Roy Hargrove
5)Gettin' Up /Q-Tip
6)Candy Rain(Trackmaster Mix) /Soul For Real Feat. Heavy D
7)Lost Without U /Robin Thicke
8)If U Leave /Musiq Soulchild Feat. Mary J. Blige
9)Bajii/ Hypnotic Brass Ensemble
10)Wheres The Music /Medeski Martin & Wood
11)Atlantic Soul/ MeLo-X
12)African Battle /Brownout
13)Dog It /Digable Planets
14)I Dont Rap /MeLo-X
15)You Got What I Need/ Biz Markie

友人の結婚式、2次会でのBINGO GAME’s Prizesということで作った。
JAZZYにNYCを強調して、FUNKやHIP-HOP、R&Bでしっぽり?的なことになってるのでR。
ついでにこちらも当たるといいね。
f0156106_12153668.jpg

こっちも景品になると思います。
今夜かな?

Anyway,Congratulations on your marriage!
But I am so sorry I regretfully decline the invitation cuz Im still in NYC.
Plz enjoy about wedding party.

One Love

Peace

Todayz Muzic: Waitting for your call/B.B.KING
「なあ、KING。あんた、すげーよ。80超えて、こんなに愛おしいSongをさらっと歌い上げて。俺を泣かせても一銭にもならねーぜ?!なあKING。今、俺はNYの地下鉄の中。LEXからQBへ出ても雨は止んでないし、電話も鳴らない。そーだな、waitting for your callってか・・・・」
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-05-05 12:29 | Music

Whatzgoin’on?

と、アイサツするようにしています。

散々時間を費やして書いた記事がONE CLICKで消えた瞬間、人は一体何思ふ・・・。

4月後半から、5月始めまでで、気温の変化が激しかった。30度を超えてきた週末から、雨が降り、ムシムシしたと思えば10度まで下がってみたり、難しい。

今年もまた、FREE EVENTで死ぬほど忙しいであろう夏を前に、書き遅れている記事を書いていかなければならない、そんな衝動に駆られて、2008年にさかのぼる。

11.19.2008
@Apollo,Harlem,125st
f0156106_2372816.jpg


f0156106_23918.jpg

Ameteur Nightに友人の友人が予選通過し、STAGEに立つことになっていた。
何度も行っているEVENTだが、毎回楽しめるのは俺だけか?
Guestに清水翔太が再び出たり、OPENNINGで日本人がマイケルジャクソンを踊って、目立ったり、そのすぐ後も日本人DANCE GROUPが踊りきったり。とにかく、日本人ばかりが際立つ日で、日本人の俺でもすこし引くぐらい、珍しくたまたま日本人が多かった。当然、観光客が見たいのは日本人ではない。Harlemで見たいのは、BLACKないし、ゴスペルだろう。
中間で出てきた清水翔太が2曲歌い、完全にJAPAN NIGHTと化した後、数組が出てから、友人が登場。完全に皆、思ったはずだ。「また、日本人?」・・・・。
結果、ブーイングによる強制退場。 残念。 歌わせてもらえなかったといった方が正しいかもしれない。
でも、それでもアドレナリンが身体を駆け巡り、STAGEの友人とLINKした自分がいたりして、なんだか、不思議な感じがした。彼女が歌ったSTEVIE WONDER/Latelyが、Download in my brain.......
公演後、その子の笑った顔がとても素敵だったのは、言うまでもない。


11.27.2008
Macy's Thanksgiving Day Parade@55st~Columbus Circle

「数あるパレード中でも最大・・・冬の到来となるイベント」らしい。
昨年は見事に寝坊で見れなかったので、今年は早起きして行って来た。
説明不要だと思われるので、散々撮った写真を四の五の言わずにCheck it out!
f0156106_23434276.jpg
f0156106_2344725.jpg
f0156106_23442563.jpg
f0156106_23443984.jpg
f0156106_2345019.jpg
f0156106_23454581.jpg
f0156106_2346687.jpg
f0156106_23462353.jpg
f0156106_2347059.jpg
f0156106_23525222.jpg

この写真からSIZEが分かってもらえると、これ幸い。
子供向けかと思われるかもしれないが、ビルとビルの隙間を巨大なバルーンがギリギリですり抜けていく様は、それはそれは奇々怪々なわけで、「おお=!!わああ==!!!」なんて声が出てしまうもんなんす。
子供の頃、デパートの屋上でやっていたヒーローもののSHOWや、とにかくリアルに動くピエロとか、着グルミとか嫌いで、オッカナビックリな自分がいたりして。今回もまさにそれで・・・・いまだ子供か?へっ。
f0156106_005622.jpg
f0156106_015824.jpg

Cafe MetroでCoffeeを買って、移動しながら57st&7Aveを歩く。↑の写真の建物をいつも横目に眺めて「すげーなあ」と感心しているんだけど、名前も知らないんだよね。

@Columbus Circle,Central Park South

f0156106_09169.jpg

f0156106_0165487.jpg
f0156106_0203768.jpg


f0156106_0262184.jpg
f0156106_0275524.jpg
f0156106_030288.jpg
f0156106_031499.jpg


@Times Square
歩いて下って、ビルとビルの間から見え隠れする巨大バルーンに大興奮。
EVENT時の歩行者天国は非常に楽しいのは、きっといつもの交通量が多いせいでもあるんだろうね。
f0156106_0344492.jpg

@34th Street
GoalのMacy'sの近くまで行ったはいいが、身動きとれず。遠めに紙ふぶきなんかみたりして、終了。
スケールが桁違いで、遊びに長けている様を見させてもらった。
ついでにそのままFlatiron Buildingまで歩いて、足がパンパン。
f0156106_0395397.jpg

f0156106_041559.jpg


Todayz Muziq>青い珊瑚礁/松田聖子
何でかって、扇風機を貰たんで、風呂上りに扇風機に向かって歌う曲っつったら、世代じゃねーけど、サビだけ歌えちゃう・・・「あなたが好き!ああ=わたC~NO~恋わああ~南のほお~風に乗って走Rわ===」
宇宙人声でね。でも、いい歌やねえ。
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-05-03 00:09 | LIFE