<   2009年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

When I was Punk Rocker......

f0156106_2425.jpg

いや、結局のところ、D.I.Y精神と共存しているし、RadioからRamonesやClashがかかるたびに心躍るわけで。East 2nd Street, Manhattan。別名:Joey Ramone Placeを端から端まで歩いてみた。まだ、雪が降る前の頃だ。
f0156106_2273751.jpg

f0156106_2302180.jpg
f0156106_231874.jpg
f0156106_2324194.jpg

f0156106_30232.jpg

たくさんのGraffitiがNOHOの方からLOWER EASTまでの間をつなぐ。決して綺麗な通りではないし、途中にある支援センター?辺りにうろつく奴らが絡んでくる。それでも、なにか得れるんじゃないかって期待しながら、ひたすら歩く。中学生の時に、一生懸命練習したRamonesがここを歩いてたのかと思うと、感無量だったりする。どこからか、漂うWEEDの煙に、Broadwayに向かうにつれて現れだすお洒落なBAR&CAFE。不思議だ。
周辺も探索してみた。
f0156106_371850.jpg

Ludlow & Houston この辺りの夜の雰囲気がやめられない。
f0156106_395498.jpg

Mars Barがなくなるのも時間の問題かと思う。でも、がんばってほしい。こういうところがなくなったら、NYはただの観光地に成り下がってしまうような気がするから。
f0156106_31287.jpg

What a Fxxk is that?!
そうです、これがCBGB跡地です。店内は素敵な大人ROCK TASTEの洋服がたくさん置かれています。一体だれをTARGETにした商売なんでしょうか。$1000-を超える商品をこじゃれたニシキノ・アキーラが進めてきます。CBGBのSTAGEが残った店内は完全に観光地と化し、だれも商品を購入しません。バカバカしいにも程がある。
What Happened to New York? What happened to CBGB?



結局はDon't forget your roots.ってことだろう。

今宵の♪ Ramones/Do you remember rock n' Roll radio?
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-01-25 03:20 | 微妙な歩き方

ALIFE&NEW ERA

f0156106_1375636.jpg
f0156106_1385980.jpg
f0156106_139369.jpg

Harlemで購入したALIFE。$125-のはずが、$40-で購入。
New Era New Yorkで買った音符の金黒。$30-。茶色はQueensで$17-。
ゴツい時計 $2000-と言いたいところだが、$10-。

今宵の♪Mos Def/Ghetto Rock
 明日から、Blue Note New Yorkで3daysのLiveをやるMos Def。気になるところだが、行けそうにない。
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-01-23 13:16 | LIFE

PAYBACK!PAYBACK!PAYBACK!

f0156106_0501512.jpg

Why dont U go there? U should go If U have time.I think U can find good musiq in this Club and Nu friendz... I have a poor sense of direction.
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-01-16 01:09 | EVENT

毎年恒例の

高熱祭も例年通り、4日目に突入した。

初日に38.5℃と好調な滑り出し。聞いたことのないアメリカ風邪薬で凌ぐ。

2日目には、今大会記録となる39.4℃をマーク。アニメのごとく、歯をガタガタ言わせ、寒気を楽しむ。

3日目には、アメリカの薬が効き過ぎて、寝言連発。転倒。便秘。そして、愛猫に嫌われる。

4日目、高熱祭も終わりを告げると思いきや、ぐだぐだと終わりの見えない宴会場のような雰囲気。37.5℃。外の様子が知りたくてウズウズしながら、愛猫と窓際のトットちゃん。

5日目、異例の延長。いつになく盛り上がる高熱祭。不況の風も何処へやら。

f0156106_16422276.jpg

Doodled by 遊

今宵の♪ Brooklyn in my mind / 9th wonder ft Mos Def, Jean Grae & Memphis Bleek

↑の曲を検索した人がよくおれのBLOGに紛れ込む。

ちなみに9th wonderがClub LOVEで回した時、見てます。そん時の記事はここから
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-01-12 16:40 | LIFE

September 11,2008 -Vol.3-

あんまりMOMAの中身を紹介しすぎるのも、これから行く人には良くないだろうから、有名どころと、個人的に気になったものの紹介だけで。
あと、2004年のAUの携帯が飾ってあった。薄くて、ボタンがモノトーンのやつ。

で、MOMAの後、Brooklyn、Marcyに出向いて、超有名なステーキハウス[Peter Luger Steak House]に行った。
f0156106_13544249.jpg

創業100年以上だとさ。すごいね。要予約だけど、当日電話して取れたよ。
f0156106_13574448.jpg

ぶ厚いBeef SteakをRareで頼んだのがマチガイ。ぶ厚い分、ほとんどが生状態で、なんだか気持ち悪くなった。ソースはFruityで甘く、食べやすいが、Beefから相当な油が出てきていて・・・。はじめの一切れは美味しかったんだけど。
それにライスがここねーんだよ。ステーキでライスがねーと食えねーよ、おれ。ジャパニーズだから、おれ。
f0156106_1443255.jpg

こっちのRestaurantsって、日本と違って、食べ残したものを持って帰れるのが常識。かなりのVolumeだったので、持ち帰らせてもらうと、BAGがなんかいい味出てたりして。
for over 100th Anniversaryのチョコも貰った。
ココのソースが近所のGrocery Storeに置いてあって、安かったんで、自分で肉焼いて、ソースかければいいんじゃね?

このすぐそばにあるBrooklyn Industry、洋服屋ですが、NY中に数店舗ある中で、ここはシーズン遅れや2級品などが安く買える。季節にウトイ方はここで購入したらどうですか?
オレなんか季節関係ないんで、ここで十分っす。

で、Manhattanに戻って、a symbol of New York [Empire State Building]に上った。観光客でごった返す時間帯だったが、楽しめた。
f0156106_14175761.jpg

f0156106_14241058.jpg

「へっ!100万ドルの夜景ってなんだよ、そんなの。そんなの見に来たんじゃないのよ、ニューヨークに!」って言いながら、上ってみれば「うわああ、すげーーきれえ。ほら、こっちも見てごらん。僕のうちはあの辺だよ。あっちがNew Jerseyで、こっちがBrooklyn&Queensだね。あれはGeorge Washington Bridgeだね。」
ココは最高の場所だ。また来るとしよう。

今宵の♪ NewYork New York/Sinatra
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-01-11 14:25 | thinking about

September 11,2008 -Vol.2-

MOMAの観覧のつづきね。

f0156106_11531594.jpg

なんかお客さんとの構図がたまんねーよな。
f0156106_1155244.jpg

f0156106_11564679.jpg

4階か、5階から2階を取ったもの。建物自体が斬新で、この空間が人々を魅了する、というか、オレは建築絡みの人間だけど、作る側だから、斬新なのは個人的には好きではなかったりする。作っている時の事を想像してしまう。職業病だな。
f0156106_120578.jpg

f0156106_1213873.jpg

私はダリでしょう?
f0156106_1223458.jpg

f0156106_125137.jpg

ピカソの作品がところどころに出現する
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-01-11 12:38 | thinking about

September 11,2008

以前にも書いたことがある記事だが、この日は休みを取り、いろいろな所へ出向いたのさ。

まずは、The Museum of Modern Art(MOMA)ニューヨーク近代美術館。
8枚の版画と1枚の素描画から始めて、いまでは10万点を超えるコレクションとか。
2004年に日本人建築家、谷口吉生氏のデザインによりリニューアル。
入り口付近で警備している黒人はおれの友達バムーサである。南アフリカから来た気さくでいいやつだ。(2009年1月現在)

f0156106_1124324.jpg

古いJAZZ EVENTのFLYER。
f0156106_11261963.jpg

近代美術なんて言い方が堅苦しいが、実際はお洒落心をくすぐるものや、歴史が背景に見えたり、その空間がなんだか落ち着けたり、つい同じものを2度見に戻ったり。まあ、自由に楽しめるということ。
f0156106_1130460.jpg
f0156106_1133147.jpg
f0156106_11341197.jpg

[James Brown is dead]
f0156106_11384882.jpg

Cassette Tapeをモチーフ。これ、ヤバイ。
f0156106_11403192.jpg

Trad Tattoo Guyって、さっきから勝手にTitleつけてるけど、怒られないかな。
f0156106_11452291.jpg

[Untitled from Marilyn Monroe]
f0156106_11502698.jpg

[Girl with Ball]
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-01-11 11:49 | thinking about

毎年恒例の

高熱です。

年明け後、一ヶ月前後に毎年必ず行なわれている個人的行事の一環として、幼少の頃から約30年にわたって継続・継承してきた伝統ある由緒正しき仕来たり。

粉雪舞うNew Yorkだというのに、高熱(Maximum 39.5をマーク)で寝込む32歳。
窓越しに見えるManhattanも今日は雪で見えず。

仕事も学校も休んでしまった。
扁桃腺というのは本当に厄介なものだ。
しかし、ゆっくりと流れる時を楽しむのも悪くねー。

観ていない映画、聞いていない音楽、書いていないBlog。
できるだけ、いじくってみよう。

数時間経って、You Tubeに辿り着き、眼を半分だけ開いて観ていたら、あの時友人に貰った音楽DETAに紛れ込んでいたSambomasterのLive映像が観れた。



泣けた。
「30超えると涙もろくなる」なんていうが、泣けたねえ。いいBANDが日本にもまだまだたくさんいるんだと思いました。Guitar Soundが非常にいい。ま、風邪引いてて弱ってるとなんだか心打たれたりしちゃうじゃない、簡単に。彼らのLIVE、機会があれば行ってみたいものです。

今宵の♪ Sambomaster/そのぬくもりに用がある
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-01-11 08:22

August 22th, 2008 @Union Square,14th Street,Manhattan

「Augustってどういうことだよ。しかも、2008だぜ?」

まあ、そう言わないで。何せ夏は、2日に1回は何かが起こってたんだから。
Timelyな記事と、夏からさかのぼる記事と、いつかは追いつくはずだから。


映画に行く前、厳密に言うとManahattanからBrooklynにSubwayで向かう前、Union Squareで待ち合わせをしていた。
いつもは、若者で賑わう広場、はたまた様々な露天商が並ぶ公園なのだが、この日はちょっと違う雰囲気。
f0156106_1133849.jpg

ロウソクで文字をかたどる様子。 Tibet人によるChinaへの切実な訴えだ。
f0156106_1141085.jpg
f0156106_11422934.jpg
f0156106_1145185.jpg
f0156106_1148399.jpg

Manhattanのもっとも西側、Hudson River沿いを走るWest Side Highway,Intrepid付近にも、この極寒の中、中国大使館の近くで訴え続けるTibet人が絶えない。日本では、オリンピック時の一時的な報道でしかなかったと思うが、実際はまだまだ終わっていない。そもそも今に始まったわけでもないが。僕に出来る事と言えば、手を合わせてお辞儀することくらいしか、今は思い浮かばない。
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-01-07 11:53 | thinking about

August 22th, 2008 @Bedford,Brooklyn


先日書いた記事で、Central Parl Summer Stageに行った際の事。
仕事を早く終わらせ、急いで行ったEVENT。
友人と現地集合していて、僕のほうが早く着いたようだったので、木陰でBEERを楽しんでいると、となりに座った男性が僕のカメラを見て、話しかけてきた。
 カメラの事、音楽の話、日本の話、NYの話、そして将来の話までした。
屈託のない顔で話しかけてくる彼は、「映画監督をしている」と言った。普段なら「ああ、そうですか。」と、大げさな見栄っぱりのアメリカ人か、なんて思うんだけど、彼からはそうは思えなかった。そして、彼の映画が小さな公園で公開されるというので見に行ってきた。

f0156106_949392.jpg


f0156106_1074038.jpg


ROOFTOP FILMS
UNDERGROUND MOVIES OUTDOORS

夕涼みがてら、マイナー映画でもどうですか?といったEVENT。
Elementary School 敷地内の公園に設置された巨大画面。トイレは学校内のものを使っていいので、潜入。
f0156106_1016147.jpg
f0156106_10165928.jpg

なんか作りがかわいく見えるのはおれだけか。こんなところで学べたら今より少しはマシな大人になっていたかもしれない、なんてつぶやいてもBrooklynだもんな。グレるか、いじめられるか、RAPするか、そんな気がする。あんま今と変わらねーか。

映画の前に、アラブっぽい?インドっぽい?民族音楽の生演奏があった。
すごくロマンティックな音で照明と重なり、きれいだった。初めての音だった。脳裏に焼きついて、おれの音に混ざっていくとうれしい。
f0156106_10425265.jpg


Short Storyを3本観れた。
なかでも誘ってくれたジョッシュの作品がすごく印象的で・・・・・これから観る人もいるかもしれないので、内容は書かないが、個人的には大好きなドキュメンタリー映画でした。

その後、開場から歩いて5~6分の所にあるBARでFREE BEERが振舞われて、映画について語ってみたりした。英語で表現できない言葉がどんどん頭の中を過ぎり、勉強不足に自己嫌悪。そこに日本語ベラベラアメリカ人登場で、気持ちをぶちまけてスッキリ。美味いBEERが呑めました。

f0156106_10454849.jpg

そのBARの近くにあるBread Factoryから、明日の朝出荷するパンがゴロゴロ、ベルトコンベアーで流れていて、いい香りが街中に漂っている。裏口から覗き込むと、工場の人が一個$3で譲ってくれた。暖かくて、おおきなBreadの柔らかいなかの部分ばっかりつまんで、そのまんま、SUBWAYでQUEENSへ。

帰宅。

今宵の♪ Close to you/Cagnet Long Vacationでセナが弾くやつ。なんで、こんなのがオレのiPODに入り込んでいるんだろう。共有とは時に恐ろしい。もう、歩くCD SHOPだな。
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-01-07 10:59 | 微妙な歩き方