<   2008年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Blue Note New York again

John Scofield Trio&The Scohorns
@Blue Note New York
June 22,10:30pm
$20 Bar

John Scofield(Guitar)
Steve Swallow(Bass)
Bill Stewart(Drums)
Frank Vacin(Baritone Sax&Bass Clarinet)
Phil Grenadier(Trumpet&Flugelhorn)
Tom Olin(Tenor Sax&Flute&Alto Flute)

f0156106_10414873.jpg

会場に着き、入ろうとすると、「今日はSOLD OUTだ!」と、言われたが、「友人が中にいるんだ。それに明日には日本に帰るんだ!頼む!」というと、「mmmnnn....OK!Come in!」

危なく観れないところだった。
中に入ると、本当に満員で友人を見つけることが困難だったくらいだ。
立ち見になってしまったが、こうなればSTAGE脇のRESTROOMにつながる階段でがっちり見ようじゃないか。
数分後、「戻りなさい!ここはダメだ!」と、言われ、また一番隅に追いやられたが、それでも楽しめたし、しっかりとこの眼に焼き付けた。

この人、完全に変態です。変態ギタリストです。
JAZZの壁を越え、ROCKだったりCOUNTRYだったり、BLUESだったり、なんでも自分の表現で変えてしまう変態です。メンバーも彼の動きから眼をそらさずにじっくりとみながらセッションしていく。彼だけは眼をつむり、ひたすら弾き、歌うかのように弾く。時には早く、時にはムーディーに、そして悲しげに・・・・。感情表現がギターから感じ取れるなんてすごい。
ワウも使ってて、かっこよかった。プロが使うとあんなにも柔らかい音がするのかと、ビックリした。勉強になりました。
f0156106_10544350.jpg

2Fで機材のことをすこし教えてもらい、一緒に写真を撮ってもらった。お疲れのようだったが、気さくに応えてくれた。偉大な人はいつだってやさしい。さらに偉大だ。

f0156106_10563889.jpg

帰りがけに、絵葉書を買った。味があるものばかりで、なんだか日本に送ろうと思ったが思い留まってる、そんなケチな男です、はい。
f0156106_1114459.jpg

少々飲み足りなかったので、歩いてすぐにあるGROOVE N.Y.Cに入った。
生演奏が毎日聞けるらしい。それに入るのにお金が掛からない。
この日は、SOUL FUNK MOTOWNなどを演奏すると書いてあったが、NIRVANAにRAPしてみたり、EARTH WINDOWやったり、まあとにかくなんでもやる感じで。
でもとにかく上手い。全員上手い。
一日中、見せ付けられた感じだったなあ。
f0156106_1163344.jpg

この壁画が目印のGROOVE N.Y.C。一度行ってみては?損はしませんよ。

そういえば、この日、BLUE NOTEに行く前に、49th Btw 8Ave&9aveにあるThai Restaurantにいって、食事をしてから行った。恐らく相当なニンニクの臭さだっただろう。
次の日の朝もかなり強烈に残っていたし、自分で「ひ、酷い」と思うくらいだったから。
f0156106_11105724.jpg

なんか揚げた魚にガーリックソースやら香草やらがたっぷり乗った一品。止められないんだなあ、これ。Thai BeerとSticky Riceと一緒に。

f0156106_11143384.jpg

彼の似顔絵
[PR]
by inmymindfromnyc | 2008-06-30 11:14 | Music

イラスト

New Shit、UPします。
ご意見ご自由に。

f0156106_17511679.jpg


メリケン白人女性


f0156106_1753854.jpg


Happy Birthday to my friend


f0156106_17545112.jpg


HOUSE MUSICを聞きながら


f0156106_1758126.jpg


HOUSE MUSICを聞きながらPART2


f0156106_1803243.jpg


人種


f0156106_1825984.jpg


遠距離恋愛
[PR]
by inmymindfromnyc | 2008-06-29 18:04 | Paint

Blue Note New York

Blue Note New Yorkに行って来た。
行こう行こうと思っていたのだが、なかなか行けなくて、「RONNY JOHDANが$10で観れる」ということで、行って来た。

RONNY JOHDAN TRIO

MONDAY JUNE 16

8PM&10:30PM

$20 TABLE/$10 BAR

「最近じゃあ観光地だよ、あそこはすっかり。」
なんて声を聞いたことがあるが、今やJAZZは高貴な音楽ではないし、インテリな音楽でもない。それにRONNYはFUNKからHIP-HOPまでをJAZZに取り入れていこうとやっている人だ。まさに目指すはこの人かもしれない、などと思いながら会場へ。

West 4th駅で3rd st側のEXITから出て、3rd stを歩いて15秒、マックの向かいにBlue Note NYはある。何度もこの前を歩いたことがあるが、いざ中へ入ると思うと緊張する。一応、手を合わせて入っておいた。Miles Davisに、と思って。

第一印象は「狭い!」だった。うれしいじゃあないですか。TableをChargeすれば、目の前で見れるが、Barの一番端でも10Mくらいなもんだ。ここで十分。
BEERをたしなみながら待つこと30分。
登場Ronny Johdan Trio!!!!!
f0156106_17222338.jpg

f0156106_1723828.jpg

体を揺らし、カウンターを叩き、足をかつかつ動かして、踊りたくてたまらなかった。
JAZZらしいしっかりとしたGUITARを弾くが、スタンスがそれを超えている。
オルガンが完全にFUNKしてたし、DRUMはAFROだし、途中から参加したのがジャマイカ人のパーカッションだったし。彼の両親がジャマイカ人というのもあるが。
踊れるJAZZ。まさにそれだ。
最後に演奏したのが「SO WHAT」。Milesのカバー。これは相当なものだったよ。鳥肌ものです。
$10-安い!
必ずや、CD揃えます。
勉強になりました。ありがとうございました。
f0156106_17322640.jpg
f0156106_17324858.jpg

He is an Organist"MEL DAVIS".Such a great player also nice guy.

Photo by Michy

今宵の♪ RONNY JOHDAN/So What
[PR]
by inmymindfromnyc | 2008-06-29 17:36 | Music

SECRET SHOW

MYSPACE MUSIC

CELEBRATE THE 150th SECRET SHOW

featuring

GNARLS BARKLEY
BATTLES
JANELLE MONAE

SUNDAY,June 8,2008
FREE!/ALL AGES!
Doors@7:00pm
The Fillmore New York@Iving Plaza
17 Irving Place,NY,NY 10003

Admission is on a first come,first served basis.
So get there early and stay in line.

f0156106_1585234.jpg

つまり、早いもの順でTICKETがSOLD OUTしてしまうFREE EVENT。
蒸し暑かったこの日、17:00にUNION SQUARE駅から歩いて2分、15th STとIrving Plzの交差点のすぐ近くにあるThe Fillmore NYに行って来た。
f0156106_15134796.jpg

さすがはGNARLS BARKLEY。会場2時間前ですでに400人以上が並んでいた。というのも、貰ったFREE PASSに番号が記載されていて423番だったので。
その後もどんどん人が増えていき、6時過ぎ、SOLD OUT。
恐らく800人くらいではないだろうか。
f0156106_15164961.jpg

19:00。
珍しく時間通りの開場。外で一時間ほど待っていたが、相当うだるような暑さにはさすがに参ったが、FREEで豪華な面子が見れるのでガマンもできる。
中に入ると、階段には過去の出演者のFRYERがポスターになって飾られていた。
どれも格好のいいものばかり。出演者も相当なもの。
GREENDAYからWEEZER,LED ZEPPELIN,Janis Joplin,Good Charlotte,Lauryn Hillまでやってる。ここもどうやら歴史ある由緒正しきLIVE会場のようだ。
きしむ階段を2Fに上がり、会場へ。
BEERを飲みながらウロウロしているうちに、一番手のJanelle Monaeが始まった。
f0156106_1528063.jpg

アップテンポでROCKテイストの強い、ダンスミュージック?とでもいうのか、非常に興味深い音。小柄な黒人女性の力強い歌声、ダンスにただただ圧倒される。
会場の音もよく、客も乗ってきて酒もすすむ。
またみたいと純粋に思えるLIVEだった。30分程度で終了。
7月4~13日にかけて行なわれる「AFRO PUNK」というFREE EVENTに参加するようなので見たい方はCLICK HERE!

数分ほどSET変えに時間が空き、その間、STAGE前には巨大なSCREENが登場。
そこでは、1Fでやっていた「写真を自分で撮ろう」的企画で、このEVENTの巨大ポスターの前でかなり高そうな高価なカメラで撮れるもの。それをこの巨大SCREENでスライドしていた。「まさか、おれらも?」と言っていると、
f0156106_15455545.jpg

何だかんだ言って、はずかしいようでうれしいものです、はい。
すると「おまえらも有名人だな。はっはっは。」なんて声を掛けられたりして。

そんなこんなで2番手、BATTLES登場。
f0156106_15474690.jpg

こいつらはすごかった。ギターノイズ変態音遊びインストバンド、と言っておこう。
体がついつい動いてしまう。
彼らもすごく真剣に音遊びをしている。
テクニックではない、ただ4人の息はピッタリで見ていて気持ちがいいくらいだ。
ROCKしてます。CDで買うバンドというよりもLIVEでぜひ楽しんでもらいたい。
この夏、NYでもう一回FREE EVENT参加予定の様子。いきます。
CENTRAL PARK SUMMER STAGEというEVENTに出ると思ったなあ。

さ、いよいよ3番手、GNARLS BARKLEY登場。
f0156106_15594347.jpg

で、出たぁ~!!!本物じゃあああ。
太ってるぜええ。世界のオシャレデブTOP10に入るな、この人は。
「わあ=わあ=」言ってるうちにどんどん名曲を披露する。
NEW SHITからも数曲、前回のALBUM[St.Elsewhere]を中心に約一時間くらいかな、夢中で踊って覚えてないけど、生演奏のSTAGEで感動。
[CRAZY][St.Elsewhere][Gone Daddy Gone][Smily Faces][Just A Thought]など、惜しげもなく披露。FREEでいいのか?と思ってしまうほど素晴らしく豪華で、言葉がありません。帰り際にはポスター&ステッカーまで配るし、上の写真も後日WEBから取れるという配慮ぶり。最高だ。

NYの夏はFREE EVENT三昧。とにかく電波ブンブンで調べ、どんどん参加していきたいと思う次第でありますよ!I LOVE FREE!!!I LOVE NY!!! I LOVE MUSIC!!!なんだから。

今宵の♪ GNARLS BARKLEY/Just A Thought
[PR]
by inmymindfromnyc | 2008-06-29 16:11 | EVENT

NEW YORKER

f0156106_12491418.jpg

@35th street & 9th Ave ,Mahattan,New York
@17:30
TUESDAY,June 24th,2008
[PR]
by inmymindfromnyc | 2008-06-25 12:53 | なんか気になる

I have a dream.

f0156106_12295417.jpg

長々書いたNewShitが白紙に戻ってしまったので。

今宵の♪ GNARLS BARKLEY/Just A Thought
[PR]
by inmymindfromnyc | 2008-06-25 12:31 | thinking about

B.B.Q@my roof  ~一期一会~

June 9th '08

半端じゃない暑さが続いていた頃、Apartの屋上でB.B.Qを強引に行なった。
仕事で知り合ったレゲエ好きの好青年2人と、午後4時くらいから落ち合い、何も用意されていない状態からSTART。何もないというのは、B.B.Q SETもなければ、炭も、食材もないところからである。しかしながら、皆、手際が良い。買い物をしてから、「乾杯」まで、およそ1時間足らずでできた。
f0156106_10333859.jpg

小型BBQ SETと炭で$18。
それ以外、牛肉、鶏肉、ソーセージ、ロースト ハム、玉ネギ、シーザーサラダ、BEER(一人当たり5本)で、$10 each。安く上がった。焼肉のタレは、ORIGINALで、にんにく・生姜・醤油・酒・砂糖・みりん・白ゴマ・ネギ・豆板醤などを混ぜ合わせ、これがまた旨くいった。オレがこれを作っている間に、ひとりは食材を切り、ひとりは火を熾した。そういった流れ的なものは、仕事で培った何かなんだろうな。

f0156106_10474669.jpg

夕方になっても昼の暑さがこもるような気候だったが、夜の8時にはSUNSETを向かえ、すこしだけ風が吹いて心地よくもあった。
彼らとは、出会ってすぐに打ち解けることが出来て、なんだかかわいい後輩のようだ。

酒のせいもあってか、いろんなことを話した。
音楽の話、NYの話、仕事、友達、地元、そして彼らはジャマイカに旅立つのをまじかに控えていた。彼らは彼らのやりたいことがはっきりしていて、その価値もわかっている。将来のことも不安そうだったけど、考えているようだ。そんなことを、腹割って、屋上で話せるなんて幸せな一時だとオレは思う。少人数でBBQをやったのは、ただこういったことを期待していたのではなく、ただ単に天井が薄いからなんだけどね。

今頃、彼らはジャマイカで音録りに夢中だろう。
f0156106_10592754.jpg

We saw za moon above Manhattan.
There's none so blind as those who will not see.
馬の耳に念仏

今宵の♪ Tim Armstrong/Hold on
[PR]
by inmymindfromnyc | 2008-06-20 11:08 | FOODS

MONDAY,MAY 26TH '08 BBQ@PROSPECT PARK,BROOKLYN

なんかのMEMORIAL DAYらしく、祝日だったこの日。
仕事も休みで、誘われたBBQに行った。
CAMERAを持っていって、撮りまくってきたのでUPします。

よく晴れた日で、この辺りから最近も夏日が続いているNY。
時には37度なんていう、とてつもない日もあったりして。
なんていっているうちに、土曜日からTHUNDERSTORM到来。
それからどんより雲が停滞してて、曇り時々雨。
そんな空を見ていたら、「BBQ、やりてーなあ」と、ふと思ったわけで。

PARK SLOPEという地域で、最近古着屋、カフェ、レストランなども多く、5TH AVE-7TH AVEなどは賑わってきている。その近くにかなりの大きさで構える公園がPROSPECT PARK。中には美術館、植物園などもあり、つい先日は「桜祭り」も行なわれていた場所。
その公園の南側、SUBWAY Q-LINEのPARKSIDE AVEで下車するとすぐに公園が見える。その周辺でのBBQだった。近くには大きな池もあり、公衆便所もある。
f0156106_11232750.jpg

f0156106_11261539.jpg

f0156106_11321681.jpg
f0156106_11353829.jpg

外での飲酒は禁止されているNY。でも、こう暑いと関係ない?みたいです。そりゃあBBQでBEERなしではキツイでしょ。「あいつも飲んでるし・・・おれも・・・」
気分が上昇して、公園をプラプラしていると、どこからともなく楽器の音がしてくる。
@DRUMMER'S GROOVE
f0156106_11403310.jpg
f0156106_11422763.jpg

f0156106_11445127.jpg

すぐ近くからも別の音が聞こえてくる。
f0156106_1149281.jpg

f0156106_11522943.jpg

あんまりにも羨ましそうに眺めていたのか、呼ばれ、「お前も参加しないか?」と言われ、思わず「SURE!!!」なんて言って、カウベルを10分も叩き続けた。GROOVEを奏でた瞬間は、いつだって、どこだって、FABULOUS!!!

太陽の下、BEERとMEATSとGROOVE、NATURE、CONTACT・・・。後は何も要らないでしょう。
f0156106_1231036.jpg
f0156106_124317.jpg
f0156106_1285275.jpg
f0156106_12115469.jpg

日も落ちてきて、夕方。きれいに片付けてPARK KEEP A CLEAN。お開き。

THANK YOU FOR INVITED FOR US AND GAVE ME A PIX.

今日の♪ 体に残るBROOKLYN'S GROOVEっつーことで。
[PR]
by inmymindfromnyc | 2008-06-16 12:15 | EVENT

Friday, May 30, 2008 - B.B. King's Blues Club - New York, NY

仕事を終え、急いで帰宅してシャワーを浴びて、TIMES SQUARE 42TH STREETへ繰り出す。またここに来るのを数ヶ月も楽しみにしていた。
前回LEO NOCENTELLI FROM THE METERSのLIVEをここで観て、記事も書いたので、気になる方は過去の記事を読んでほしい。

とにかく今回のLIVEはというと・・・

THE FUNKY METERS

FRIDAY ,May 30,2008
DOORS@20:00
NEW YORK@B.B.KING BLUES CLUB
$34.50

'79年に一度解散しているが、その後復帰。
メンバーチェンジやマネートラブルなどあったようだが、名前を変え、こうして2008年、オリジナルメンバー2人、その息子、などで現役活動中。

f0156106_72107.jpg

時間通り、20:00に会場入りできた。
中に入るとすでに何らかの音が聞こえてきた。
f0156106_7225372.jpg

FRENCH COOKIN'BLUES BAND
前座のBANDだった。しっかし、見た目に花はないが、いい音出してたなあ。BLUESの音遊びBANDといったところだろうか。思わずひとりでSTAGE横でBEER片手に見入ってしまった。
ギターボーカルのおっさん、すっげーぶっ壊すようなギターで、宇宙いってたね、ありゃあ。
もう一度どこかで観れるかな。

f0156106_728450.jpg

BILL MALCHOW &FRIENDS
PIANO&VOがメインで、BILLY JOELを彷彿とさせる楽曲に、サックスやギター、ピアノで遊ぶ、BROOKLYNのBAND。ここのギタリストは、本当にやべー。きたねーリュック背負って、ダセーシャツにぼろいジーンズで来て、自分でセッティングして、「大丈夫か?」と思わせながら、ギター持った瞬間から「神が舞い降りた!」っつーくらい、すげー。感動した。つーか、弟子になりてーよ。CD買います。

なんだかんだって、BEERグビグビやって、周りを見渡せば、あまり人が入っていない。
「ああ~METERSなんてこんなもんか・・・」なんていっているうちに、あれよあれよと満員に。
「うわあ、逆にこんなにも人気なんですか?」っつーくらい、入ってる。上がるぜ、しかし。
あれ、セットしてるギターってSOULIVEのERIC KRASNOのじゃね?

f0156106_7372175.jpg

THE FUNKY METERS

いやあ、おっさんっつーか、爺ですが、FUNKYです。しかも袖に控えてるのはやっぱりERICじゃねーか。出るのか?!
オルガンが泣けるよ!BASSがカッケーし、LIVEHOUSEがCLUBになっちゃってるよ!老若男女踊れや騒げやSING ALONGで大盛り上がり。
f0156106_742978.jpg

f0156106_744054.jpg

え?やったに決まってるじゃん、名曲全曲やってるっつーの。新曲含め2時間以上やってるよ。しかも、ほぼNON STOP。最後、BASSが「腰が痛いからもうやめね?」っていってたけど、がんばって数曲アンコールにも応えた。
素晴らしい!音楽って素晴らしいじゃねーか!ニューオリンズに行きたくなったぜ。
FUNKは日々進化しているって言ってたけど、証明された気がしたね。
あ、ERIC、途中で帰っちゃったみたいだね。残念。

お店を出ると、1:30AMだった。
ちょこっとBARに行って、興奮した体をBEERで落ち着かせて、帰宅。
後日、「METALLICAのLIVEの翌日」ってくらい、首が痛くなった。振りすぎた。いや、振らされすぎた。心も体もやつらにやられたなあ。

今宵の♪ THE FUNKY METERS/FUNKY MACHINE
[PR]
by inmymindfromnyc | 2008-06-16 07:52 | Music

5.28.'08 SUNDAY

f0156106_12563881.jpg

久々にOLD-SOULZのEVENTに遊びに行ってきた。
今回はBROOKLYNはD.U.M.B.OにあるRETREATというBAR RESTAURANTでMiles Davisの誕生日企画。
f0156106_1341472.jpg

奥に見えるのがMANHATTAN BRIDGEで、D.U.M.B.OとはDown Under the Manhattan Bridgeの略。この辺りは、石畳の道が広がりいいMOOD。
f0156106_139519.jpg

空いている時間からINして、BEERを飲みながら店内をウロウロしてみたら、POOL BARがあったり、RESTAURANTも通常営業していたり、絵を飾ってある場所があったり、退屈しません。
写真でも分かるとおり、この辺りは元々倉庫街だったようで、以前は相当治安も悪かったらしいですが、今ではすっかりオシャレでアート溢れる町並みに変貌しつつあります。
f0156106_13161972.jpg

店内が込み合っていた頃、DJはFAT BEATのThe Audible DoctorからGe-ology、そしてDJ ROB SWIFTへと変わっていく。Miles Davisのサンプリングものは、JAZZYでこの辺りのMOODにもよく似合う。音に酒に酔いしれるいい時間が流れます。あれ?中央にMelo-Xが座ってますねえ。
しっかし、DJ ROB SWIFT。持ち前のテクニック披露で、スクラッチガンガンやり始めれば、店内は盛り上がり、CLUBらしさも垣間見た感じ。
f0156106_13241360.jpg


この日はLIVE PAINTERも5人ほどいて、非常に興味深いものがたくさん見れた。
f0156106_1323751.jpg

f0156106_13284762.jpg

f0156106_13295940.jpg

みなさん、Miles Davisをテーマにおのおの書いていて、それぞれの個性が豊かで感性が刺激されます。それを完成まで眺めながら、音楽を聴きながら・・・・素晴らしいじかんじゃないですか。
今回は先着100名にサンプリングCDということだったので、しっかり頂いて楽しませてもらっています。Miles Davis偉大なり。そして、それをBEATに乗せるDJもまた偉大なり。
ステッカーもしっかり貰って、QUEENSに貼らせて貰います。
f0156106_1332755.jpg


今宵の♪ Jazzlicious/-Miles Davis Tribute-(Old-Soulz presents)
[PR]
by inmymindfromnyc | 2008-06-07 13:34 | Music