カテゴリ:Music( 49 )

Hydeout Productions から 緊急のお知らせ

●< Hydeout Productions から 緊急のお知らせ >
突然の、本当に突然の、悲しいお知らせをしなければなりません。

hydeout productions主宰nujabesは、2010年2月26日深夜
東京都港区内の首都高速を降りた地点で、突然、車の事故に遭遇し
救急車で渋谷区内の病院に搬送され、懸命の救命治療が施されましたが、
再びその心臓の鼓動を甦らせることなく、天空へと飛び立ちました。
36歳の誕生日を迎えたばかりの急逝でした。

葬儀は、nujabesの音楽とともに、家族だけの密葬として、しめやかに執り行われました。
ここに生前のご厚誼に深謝し、謹んでご通知申し上げます。
突然の訃報に接し、日一日と悲しみ、悔しさがさらに募っております。

nujabesがこれまで世に送り出した数々の楽曲は、音楽への深い愛情、
才能ある先駆者達への尊敬、自由な精神と独創性に溢れ、
聞く人の感情を揺るがすような最良の音楽の領域にまで高まっていたと思います。
彼は、自分の音楽を高めるために、自分自身の心と精神を極限まで昂揚させ、
ひとつひとつの音をやさしく紡ぎ、音楽の新しい地平をめざし、
日々懸命に努力を積み重ねておりました。

幸いにも、nujabesが紡ぎ織り続けた未発表の新しい音源が、スタジオに残されています。
hydeout productionsとしては、今後、このnujabesのメッセージを、
盟友のUyama Hiroto等と共に、多くの方に、一日も早くお届けしたいと思っております。

ファンの皆様、関係者の皆様には、これまでのご支援を深く感謝すると共に、
今後ともnujabesの音楽を大切にご愛聴していただけますことを心より願っております。

2010年3月18日
hydeout productions

関係者各位
nujabes、hydeout productionsに関する情報・業務は担当者の
小泉までお問い合わせ下さるようお願い致します。

takumi@hydeout.net
担当:小泉 巧


 言葉が見つからない。突然の出来事に唖然としてしまった。心の整理がつかないまま、この記事に向かっている。たくさんの素敵なBEATSをクリエイトしてくれたnujabes。スタジオに残された彼の作品をまとめてリリースするのかな。 

We will never forget you.
 
Rest in Peace   

SebaJun a.k.a. nujabes !!!


[PR]
by inmymindfromnyc | 2010-03-19 22:47 | Music

MO MUSIC MO LIFE

音楽をもっと楽しもうではないか。

ジャンルやスタイル、言語や色に捕われず、もっと肩の力を抜いて楽しんだらいい。

特にJAZZという響きだけで引いてしまう君へ。

もっと極上でHIPでFUNKYなJAZZ、BREAK BEATS をFREEで楽しめるサイトを紹介。

BROOKLYN,NEW YORK発信「OLD SOULS」の仕掛けるインターネットラジオ

daily session

とにかくここからMIXやいろんな情報もGETできる。
f0156106_20484819.jpg


NEW YORK UNDERGROUND SOUNDS をタイカンせよ。
[PR]
by inmymindfromnyc | 2010-02-20 20:40 | Music

FEB. 27TH .2010

f0156106_22492925.jpg


↑のEVENTにYOKOHAMA BREAK BEATS "BIGEARS"出演決定。
会場は、YOKOHAMA A.F.RDEATH。
遊びに来てね。

余談ですが、FEB 21TH 2010は、友人結婚式で、LIVEします。
[PR]
by inmymindfromnyc | 2010-02-12 22:54 | Music

YOKOHAMA BREAK BEATS

1.23.2010

22:00~2:00

YOKOHAMA BREAK BEATS "THE BIGEARS" @STUDIO"JUST"
非公開練習

f0156106_10192062.jpg

なんていうと、なんかすごいBANDみたいだ。

JAM→即興で音楽を演奏すること(広辞苑より)

そんなことしてみたり、ぐだぐだくっちゃべったり。

数年間の空白は、まったく感じない。

しかし、どことなく新しい音が出始めているような気がする。

いい感じでしょ。

もっといろいろ聞いて勉強だ。

f0156106_10312933.jpg

BLUE NOTE名義のCD。 blue break beats/Various Artists。2枚組。赤、青の赤。
これはやばい。Funky Jazz。こんなGroove感が出せるようになりたいな。
っつーか、Japanese BeerはやっぱNo.1だね。


todays muziq>GROOVING WITH MR G/Richard Groove Holmes

↑は、一日の始まりにまず聞いています。2枚組の青(vol.1)。「手拍子なんてしなくていいから、ただ踊れ!さあ!」って、叫んでいる70’s が目に浮かぶ。ああ Groove感が宙に身体を持っていくような。 伝わるかな。伝わらないなら見せてやるってことで、LIVEやるのね。当然YOKOHAMAでね。
[PR]
by inmymindfromnyc | 2010-01-30 10:43 | Music

Funky Flitters@Bitters End

f0156106_12214865.jpg

The Corner of Broadway & Bleeker StreetにあるCAFE?で、腹ごしらえして、いざBitter Endへ。
Bitter Endは、1961年創業の老舗らしい。オールジャンルだって。この辺りにはたくさんのBLUES CLUBやLIVE HOUSEが並ぶ、にぎやかなAREA。
f0156106_12304054.jpg

Entranceで$10−を払い、中へ。
f0156106_12323952.jpg

少し遅れたか、すでにSTAGEは始まっていた。
特別、有名なBANDではないのだが、MYSPACEで見て、「かるくいってみっか?」的ノリで。
OrthodoxなFUNKYSOUNDで渋い。BLUES要素もかなり入っていて聞きやすい。
基本的な事をしっかりやれている、そんなグループなんだけど、そうなりたいものです。
f0156106_1238451.jpg
f0156106_12392422.jpg

結果、ノリノリでBEERの味も格別。METERSのカバーもアンコールでPLAY。
GREENWICH VILLAGEの夜は音楽なしでは語れない。

todays muziq>Miles Davis/Moon Dreams{LIVE}
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-09-22 12:22 | Music

Represent Queens!!!

4.24.2009

f0156106_1029402.jpg


記載されている通り、毎週金曜日、Q-TIPがDowntown,Manhattanで回している。
Lafayette street にあるSANTOS CLUB HOUSE。
CHINA TOWNにあるCLUBなんて大丈夫か?と、思いながら、Chinese Foodを食べてから会場に向かった。その中華料理屋にSLUM VILLAGEのステッカーが張ってあって、まさかChineseでFunがいるとは思えないし、本人達が来たのか。なんだか変な予感が漂っていた。
f0156106_1355882.jpg

会場前について、Ticket購入に並んでいると、見つけてしまった。
f0156106_12523612.jpg

Q-TIP Represent Queens!!!
いやあ、本物はカッコいい!肩幅が異様に広くて、顔が小さくて、いい女たくさん連れてたなあ。
気さくに写真を撮ってくれた。

で、$15-払って中に入る。
f0156106_133285.jpg
f0156106_1345614.jpg

f0156106_1394087.jpg

人もまばらで、正直「こんなものか」なんて思っていたら、どうやら別Floorが存在するようだ。探していると、こんなところに出てきた。
f0156106_1316139.jpg
f0156106_13175188.jpg

f0156106_13201081.jpg

ハート型のミラーボール、CLUB[AGEHA]にあったのと同じ型のスピーカー。
ここがメインフロアだ。
f0156106_13325153.jpg

踊れる男がモテる、そんないいCLUBでR。各所でDANCE BATTLEが始まり、盛り上がR。とにかく踊りが上手い人が多かった。男女問わず、踊れる人が多くて、見ていてもたのしい。知らない人にSTEPの手ほどきを受けたりなんてこともある。
f0156106_1339911.jpg

DJ TIP登場。30分くらいのPLAYだったが、インストや古いものをJAZZYに仕上げていた。
f0156106_13532287.jpg

続いて登場したDJ RICH MEDINAがやばかった。会場が最高潮に盛り上がりを見せて、時計の針は無常にも、almost 2am。翌日仕事ということもあって、ここで退散。
もう少し居たいと思わせるCLUBだった。

また行こうと思います。

Todays muziq>Green Onions/Booker T. & The MG's
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-07-26 13:59 | Music

Melo-X

4.8.2009

f0156106_12545912.jpg

Melo-X Live in The Studio @WebsterHall

以前にもここの会場には来たことがある。その時は、FREE LIVEだったが、今回は$5-。大した違いはないように思えるが、この差は金額以上に大きい。FREEだと誰でもかれでも来てしまうが、値段が付くことによって、少しでも興味のある人意外、来ない。これでいい。
f0156106_1351685.jpg


Almost Fullmoonな夜に誘われてか、たくさんの人が会場前に集まっている。
こんなにも知名度が上がったというのか。
会場に入ると・・・「The Studioはここじゃないよ。出て左の方ね。」
f0156106_1372441.jpg

これ?ぇ?Basement?入り口、これ?ぇ?ゴミ捨て場?
恐る恐る入ると、中はまるでそう、LIVE HOUSEだ。
f0156106_1395813.jpg

人もまばらでまだガラガラだ。
だが、DJ WILL GATESはなかなか調子がいいものを揃えている。
Brooklyn Lagerを飲みながら、JAZZYなGROOVEに身体を揺らして・・・。

で、First Band:Body Language
f0156106_13163385.jpg

BANDというのは、GUITAR&BASS&DRUMS&VOCALなんていう固定観念がなくなるようなBANDがNEW YORKには多い。というのも、KEYS,MIXER,SAMPLER,VOICEなどで構成していくPOPのような音。
変わった音だが、心地よい。
BLACK GIRLのVOICEがかわいくて、いい感じ。

Liveの合間にPLAYするDJ WILL GATESがかなりいい感じで会場を暖める。

んでもって Secound Band:Taylor Mcferrin
f0156106_13225382.jpg

BeatBox&シンセなどで音を作りあげていく即興スタイル。
インストでもオーディエンスの反応はいい。
この辺りから客がグッと増えていた。
f0156106_1327433.jpg

独特の世界観に少しでも入ってしまったら、一気に吸い込まれてしまう。
BIGになるだろうね、きっと。

DJ WILL GATES、名前のフザケぶりから、あまり期待していなかったが、実にいいDJだ。
会場のボルテージがぐんぐん上がるナンバー連発。

Last Band:Melo-X
f0156106_13315475.jpg

Lastは当然Melo-X。
気のせいか、いくらか貫禄が出てきた感じがある。
f0156106_20431590.jpg

彼等のLiveでは細かい制限がない。写真やFlash、年齢制限、値段も手頃で入りやすい。
そして、上質なBAND STYLEにRAPしていく様は、SHITするほどカッコいい。
f0156106_20491884.jpg

feat.Jesse Boykins ⅲ
f0156106_2055248.jpg
f0156106_20561833.jpg

彼のLiveに来る人たちはお洒落な人が多い。それにフレンドリーで、居心地がいい。
悪乗りするバカもいないし。粋がるアホもいない。
音を楽しんでいる、これでいい。

todayz muziq>Melo-X/The Imfamous BayDigger
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-07-25 21:00 | Music

JOHN SCOFIELD and The Piety street Band

4.5.2009

JOHN SCOFIELD and The Piety street Band

feat. GEORGE PORTER JR. & JON CLEARY & RICKY FATAAR

@B.B.KING BLUES CLUB NEW YORK

20:00~

$22-

この面子で$22-はGOOD DEALではないか。
f0156106_113106.jpg


レストランでのんびり食事をしてたら時間はすでに回っていて、急いで会場に入ると満員状態。
彼の人気は凄い。前回、BLUE NOTE公演で見た時もそうだ。すぐに満員になっていた。
それでも掻き分けて、前まで行けちゃうのがアメリカ。強気な「EXCUSE ME!」でどんどん前進してなんとかSTAGE一歩手前まで。って、始まっちゃった!
f0156106_1212241.jpg

f0156106_12213537.jpg

I could take up a nice position near stage on the right.
JAZZYな感じでPLAYしてくると思いきや、BLUESやCOUNTRYをちょっと違ったTASTEでやっている。
当然、全身全霊の彼の弾きぶりは凄まじい。それに圧倒される。が、今回はBACKもなにかGROOVEYだ。
哀愁漂うBLUESではなく、GROOVYなBLUES。のれるBLUES。
目を閉じて、身体を揺らして、聞きill。
嗚呼・・。音の渦に巻き込まれて・・・・宇宙に・・・・行けるのさ。
f0156106_12333142.jpg

f0156106_1235540.jpg
f0156106_12364441.jpg

f0156106_12392121.jpg

すごいメンバーだった。上手いとか、そんなんじゃなくて、全体が見えてるんだよなあ。
うらやまC-。こんな大人になりてー。

予想通り、GEORGE PORTER JR.はAUTOGRAPHを書き出したところで・・・・。
f0156106_12401763.jpg

I got his Autograph on Meter's vinyl!
f0156106_12412087.jpg


todays muziq> The Meters/Out in the Country
サインをもらったアルバムのOpenning song。歌ものも抜群だね。
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-07-17 12:55 | Music

MMW

2.19.2009

@City Winery ,SOHO,Manhattan

f0156106_5262020.jpg
f0156106_5282528.jpg

ワイン工場に昼間っから来て飲み始めるほど、まだ陽気なオレじゃねーっす。
こんなところでライブをやるんですと!
誰が?!
Medeski,Martin&Wood
後で分かったんだが、3daysでライヴをしていて、この日は、それに来た人達がタダで来れるWORKSHOP的な日だった。が、このTICKETしか取れなかったんで、とりあえず行って見た。

さっそく、MMW MANIA達が質問攻めして、いろいろ会話が始まる。
どんな機材がいいのか、どう練習したらいいか、アン時はどうプレイしているのか、などなど。
貴重な話も聞けて、楽しかった。が、なかなか演奏が始まらない。
1時間以上経過して、ようやく始まった演奏。
[口では説明できないなあ」
Chris Woodが弾き始める。
f0156106_5464935.jpg

それを眺めていたBilly Martinがpercussionで入っていく。
f0156106_5525170.jpg

眺めていたJohn Medeskiも加わって、完成!MMW!!!
f0156106_5554685.jpg

お互いをよく見ている。注意深く。
Grooveがどんどん加速して、宇宙にまでぶっ飛ぶんだ。
3つのバラバラなピースがガッチリ一致して生まれる音は、半端じゃねーよ。
f0156106_60027.jpg

ガンジーTがイカしてたなあ。
HOUSE MOP,Chubb Sub、生で聞けて感動です。
f0156106_66465.jpg

「僕らの演奏や奏法は、よくデタラメだと言われるけど、その通りなんだ。」
   え?
「でも、そういうやり方でしか生まれない音もあるんだってことは分かってもらいたい。」
   ほうほう。
「型にはまってしまったら、いい音楽は生まれないと思うよ。」
  ですよねええ。ありがとうございます!!
「基礎アリキだけどね。言っても。」
  で、ですよねえ~。

基礎から勉強したい、そう願うわけで・・・・・。


Todayz Muziq>Medeski,Martin&Wood/The Lover
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-07-05 06:11 | Music

VIRGIN MEGASTORE UNION SQUARE, MANHATTAN,NEW YORK

6.14.2009

f0156106_11213083.jpg

f0156106_11231951.jpg

丁度、日曜日だけがきっちり晴れたんで、UNION SQUAREに出向く。
当然、気になってVerginを見てみる。
5/31付けで閉店しているはずだが・・・。
f0156106_11282349.jpg

なんだか人が出入りしているようだ。行って見よう。
f0156106_11315170.jpg

[Fixtures]→備え付け品、設備品、要するにお店にあった商品以外のものも売っちゃってます。
f0156106_11345511.jpg
f0156106_11364294.jpg

嗚呼、あれだけあったCDは何処へ行ってしっまったんだ。一体これからどこでCD買えばいいんだよ。
しかし、こんなに広かったんだね。

6.21.2009

f0156106_11414782.jpg
f0156106_1143464.jpg

Generation Records で Rancid/Let the dominoes fall、購入です。
COREなCDはきっとここで見つけられます。只今Cro-Mags、試聴可能です。って、なかなかないよね。
店内は狭いながらも粋なBGMでMisfitsなんか流れてました。
これからは、こういう小さなCD屋を探していこうと思う。味があっていいじゃんか。
というわけで、今宵の♪は、言わなくてもわかるだろ?!
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-06-23 11:51 | Music