9.11

9/11/'08

7年前のこの日、世界同時多発テロによって、約3000人の人々が世界貿易センター(WTC)で亡くなった。

今日は、仕事を休んで、午前中からグランド ゼロに向かった。
SUBWAYも、街も、SHOPSも、何ら変わらない日常。
全てが通常通りに思えた。
f0156106_1412024.jpg

WTC近くのSUBWAYから地上に上がると、厳重な警戒態勢の警察によって、道路及び歩行者道路に規制がかかり、異様なムード。
亡くなった方の関係者、親族らしき人々は、嘆き悲しみ、それでも式典は進行されていく。
一人ひとりの名前が読み上げられ、聖歌が演奏され、なんともいたたまれない気持ちになる。
近くの教会には沢山の花束。たくさんの消防士や警官も参列に訪れている。
当然、観光客も多い。皆、いろんな思いを胸に、ここに訪れているのだろう。
f0156106_141314.jpg

路上では、メッセージを寄せ書きするひとも多々見かけた。何か、書かなければと思ったが、軽率な言葉を書くくらいならば、と、手を引くほどの雰囲気だった。
f0156106_1419377.jpg

教会の前では、こんな主張もあった。
f0156106_14213987.jpg

f0156106_14241617.jpg

どうしてだろう。いつも、ここに来るたびに頭痛がする。
そして、体が気だるい感じがする。
それでもここに出向いてしまう。
ただ、賛同するとか、反対だとか、賛成だとか、観光だとか、そういうんじゃなくて、ただ、こういう現実があったという事を知っておきたい気持ちはある。だから出向いた。
こうして現地に行ったところで、あの時日本で見た、まるで映画のワンシーンのような衝撃的映像が信じがたいものなのは自分の中では変わらない。だからこそ、出向いて、しっかり現実として世界が揺れたと認めなければいけない。今尚、戦争は完全に終わったわけではないし、それにまた何か起きる可能性すらある。

僕の中で少し何かが変わったような、そんな日だった。

ブルームバーグ・ニューヨーク市長は10日、2001年の米中枢同時テロ7周年を前に、世界貿易センター(WTC)ビルが倒壊した跡地「グラウンド・ゼロ」の再開発工事について、「これ以上の遅れは許されない」と行政当局や工事を請け負う民間業者が協力してスピードを上げる必要があると訴えた。

f0156106_14474194.jpg

その後、BROOKLYNにちょっと出かけ、夜にEmpire State Buildingに昇った。
Lower Manhattan方面を眺めたら、Twin Towerを描くようにサーチライトが天まで伸びていた。あんまり綺麗で余計にいたたまれない。再開発工事、完成を願って。

今宵の♪ 今朝、RADIOから流れたアメリカ合衆国国歌
[PR]
by inmymindfromnyc | 2008-09-12 14:19 | thinking about
<< 9.1.'08 ☆☆☆ >>