Amateur Night @APOOLLO THEATER

続き・・・・・。

そして、暖まったところで司会者が登場。次々と素人が出てくる。約10組かな、出場していた。
例えば、40半ばくらいの女性が、懐かしそうな歌を熱唱してみたり、車椅子の黒人男性が、R&Bを力強く歌ったり、RAPした男性がブーイングで退場したり。
盲目の黒人女性は、決してうまくはないが、皆優しく見守って完唄していた。こういうときは、やたらとやさしい。話はそれるが、SUBWAYでの年配者への席の譲り率は相当なものだ。日本でもチラホラあるが、ここNYは完全に当たり前になっている。すばらしい。

老若男女、大声で、よければ拍手喝采。ダメならブーイング。
これがHARLEM APOLLO THEATERの仕来り。
そして、もう一つの仕来りが、STAGE脇に置かれた石?切り株?みたいなものを、出演者が触ってから演ずる。歴代のLEGENDSもそうしてきたのか。そーゆーの、結構好きなんだな、おれ。

3時間半くらいのSHOWなので、途中トイレ休憩が入る。その少し前、V.I.Pにサングラスの大物風な黒人登場。誰だろう。
司会者がV.I.Pを指差し、スポットライトを浴びた人物は「K=Ci&JoJo」ではないか!
すぐさまSTAGEに上がらなければいけないのも、ここの仕来り。
そして、BACK BANDに口頭で打ち合わせてすぐに唄いだす。
即興のゆる~いFUNK調で、唄いだす。
彼らのHITといえば「ALL MY LIFE」とか、スローバラードだが、こんな感じでも意図も簡単にこなすのか。すげ=!!
でも、なんか脱ぎだしてるぞ!あ?!あそこ触りながら唄ってブーイングだあ。あ、やべえ、マイク切られた!え?強制退場?プロも?ああ?えええ?マジッすか?
あれれれれ、K=Ci&JoJo、退場?!(後から聞いたんだが、どこでも脱いだりして、罰金だのすごい見たい、この人たち。だから、またかよ!みたいな。)
ま、それでもたまたまこんなサプライズを見ることができて、本当最高っす!

最後は演じきった出演者が横一列に並び、拍手で優勝者を決める。
優勝は、学生15名のDANCE TEAM。息ピッタリで、本当に楽しそうなDANCE、その上、個人個人レベルが高い。未来性抜群。感動しやした。

今宵の♪ K-Ci & JoJo/Tell me It's Real
この曲も結構いい曲で好きなんだけどなあ。持ち歌やればよかったのにね。そしたらマチガイなかったのに、ったく。

ちなみに、11月13日、ここAPOLLOにBrooklyn NY KINGDOM Jay-Z登場。あまり宣伝されていない様子のこのLIVE。プレミアでしょ。しかし、値段が半端じゃない。最前列:$2350(約28万円)だって!ムリムリ。一番安くて$215(約25000円)。悩むなあ。でも狭いし、本当日本じゃあんな距離で見れないからなあ。どーしよっかなあ。
[PR]
by inmymindfromnyc | 2007-11-11 03:40 | Music
<< 和食KIDS! 実は・・・・、、、 >>