JOHN SCOFIELD and The Piety street Band

4.5.2009

JOHN SCOFIELD and The Piety street Band

feat. GEORGE PORTER JR. & JON CLEARY & RICKY FATAAR

@B.B.KING BLUES CLUB NEW YORK

20:00~

$22-

この面子で$22-はGOOD DEALではないか。
f0156106_113106.jpg


レストランでのんびり食事をしてたら時間はすでに回っていて、急いで会場に入ると満員状態。
彼の人気は凄い。前回、BLUE NOTE公演で見た時もそうだ。すぐに満員になっていた。
それでも掻き分けて、前まで行けちゃうのがアメリカ。強気な「EXCUSE ME!」でどんどん前進してなんとかSTAGE一歩手前まで。って、始まっちゃった!
f0156106_1212241.jpg

f0156106_12213537.jpg

I could take up a nice position near stage on the right.
JAZZYな感じでPLAYしてくると思いきや、BLUESやCOUNTRYをちょっと違ったTASTEでやっている。
当然、全身全霊の彼の弾きぶりは凄まじい。それに圧倒される。が、今回はBACKもなにかGROOVEYだ。
哀愁漂うBLUESではなく、GROOVYなBLUES。のれるBLUES。
目を閉じて、身体を揺らして、聞きill。
嗚呼・・。音の渦に巻き込まれて・・・・宇宙に・・・・行けるのさ。
f0156106_12333142.jpg

f0156106_1235540.jpg
f0156106_12364441.jpg

f0156106_12392121.jpg

すごいメンバーだった。上手いとか、そんなんじゃなくて、全体が見えてるんだよなあ。
うらやまC-。こんな大人になりてー。

予想通り、GEORGE PORTER JR.はAUTOGRAPHを書き出したところで・・・・。
f0156106_12401763.jpg

I got his Autograph on Meter's vinyl!
f0156106_12412087.jpg


todays muziq> The Meters/Out in the Country
サインをもらったアルバムのOpenning song。歌ものも抜群だね。
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-07-17 12:55 | Music
<< Melo-X The West of a C... >>