A Bus Journey to BOSTON partⅡ

We'll pick up where we left off.
前回の続きから始めます。

12.25.2008

f0156106_263684.jpg

Boston Commonを背にDowntownをNorth End方面へゆっくり歩く。
f0156106_292943.jpg
f0156106_2113356.jpg
f0156106_2142923.jpg

KING's Chapelからアメリカで最初に出来た公立学校跡地を通り過ぎて、School st.からWashington St.を左に曲がる。コーナーにあったStarbucks Coffeeですら、Closeだった。
f0156106_2185247.jpg

それにしても、何処のお店もCloseで、観光客ですらほとんどいない。町はもぬけの殻。HOMELESSですら少ない。それはそれで、殺伐としたNew Yorkを抜け出して、静かで閑静なBostonの町並みで顔も綻んだりで。
↑が、旧州議会堂。1713年に建てられたボストン最古の建造物。ここの二階で独立宣言が読み上げられたのが1776年。
下の円い石畳がボストン虐殺地跡。1770年、ここでイギリス政府が課した印紙税に抵抗する市民にむけイギリス兵士が発砲。5人が犠牲になった「ボストン虐殺事件」が勃発した。そして、1775年、アメリカ独立戦争に突入していったのでR。
f0156106_2342433.jpg

Faneuil Hall
ここの2階で、イギリスからの独立を主張し議論を重ねた。アメリカ精神の原点「自由と独立」発祥の地。

f0156106_361141.jpg

f0156106_381698.jpg

楽しみにしていたQuincy Market。年中無休と聞いていたが、完全にCloseしていて、ココまで来るとGhost Townのようだ。
f0156106_3132032.jpg
f0156106_315740.jpg
f0156106_3163959.jpg

Columbus Park,North End

f0156106_3185444.jpg
f0156106_3201257.jpg
f0156106_3211089.jpg

North Endでくらむちゃうだ~を腹ペコで探すも、ほとんどクリスマスでCLOSE。やっているのはイタリア料理のお店か、CAFEくらいなものだった。親切な人たちにいろいろお店を尋ねては周って探してみたけど、来る日を完全に間違えた。アメリカ人じゃない方々が多かったエリアだったけど、凄く親切で「一軒いってみるといい。」と言われたお店に向かってみる。
f0156106_3262286.jpg

f0156106_3271571.jpg
f0156106_328862.jpg

期待していた「Oyster house」、残念ながらCLOSEで。

こうなったら、やはり年中無休、世界最強生息率を誇る彼らの許に行くしかなかろう。

to be continued......

Todayz Muziq when I was writing this report>
George Benson/The Gentle Rain
[PR]
by inmymindfromnyc | 2009-05-25 03:01 | 微妙な歩き方
<< A Bus Journey t... A Bus Journey t... >>